loading
gadjet

スーパー・シューティング・ライド (SSR)

SSR(つり下げ式)ファイアファイアネクスト

特許登録済
ssr-lg-01

ssr-lg-01

ssr-lg-02

ssr-lg-02

ssr-lg-05

ssr-lg-05

ssr-lg-07

ssr-lg-07


New SSR プロジェクション・マッピング

pj-lg-1

プロジェクションマッピングとは、実物(リアル)と映像(バーチャル)をシンクロさせる映像手法で、その両者の融合が生み出す魅力的な世界観はいま世界中で注目を集めいています。映像やコンピュータグラフィック等をスクリーンのような平面に単純投映するのではなく、建築や家具等の立体物、または凹凸のある面にプロジェクター等で投映します。
その際、映像等の素材にはスクリーンとなる対象と同じ立体情報や表面情報を持たせ、投射の際にぴたりと重なり合うようにさせます。

プロジェクションマッピングの「マッピング」→「マップする」とは、投映対象の表層に映像という素材を張り合わせる、という意味があります。それによって対象が持つパーツ・凹凸といった情報を利用しながら、映像による光や陰影を与えることで、対象が持つ様々な情報がある時はより立体的に、そしてあるときはまったく別の表情を浮かび上がらせ、更には動かないはずのモノが本当に動いているかの様なリアルな立体感、空間感を表現することができるのです。

プロジェクションマッピング

話題の「プロジェクションマッピング」を常設アトラクションとして初めて採用。
造形物にCG映像を組み合わせ、様々な表情を作り出し、本当に動いているかのような立体感を演出し、新感覚の迫力あるシューティングバトルをお楽しみいただけます。
また、この技術は映像の変更でリニューアルが容易に行えることもメリットです。

pj-lg-2

投影対象立体造形物

pj-lg-3

現地調整風景

pj-lg-4

CGコンテンツ

pj-lg-5

プロジェクタ設置状況

仕様(標準)SSR-LG

走路全長約85m
走行速度約0.24m/sec
最小回転半径3.5m(水平) 5.0m(垂直)
乗物台数2人×25台
定員50人
所要時間約6分
消化能力約500人/h
動力回路3φ3w・200V・28kW
1φ3w・100V・2.5kW
動力回路1φ3w・200/100V・71.5kVA

図面SSR-LG

ssr-lg-04